【EDH】MTG 基本セット2021&ジャンプスタート 〜 気になった統率者(ジェネラル)候補まとめ編

ついこないだにイコリアが発売したと思ったら、もう基本セット2021にジャンプスタートまでリスト公開されてるやん!

という事で、今回も個人的に気になったジェネラルをピックアップしました。


先ずは基本セット2021から〜。



・《薄暮薔薇の棘、ヴィト》


319E9903-3CBA-4B3D-8989-A00F76390EFA.jpeg

自分がライフを得ると相手はライフを失うという事で、まんま《血なまぐさい結合》の能力を持つクリーチャー。


6C1412AF-BD8D-4DF7-A8F6-47561676DB77.jpeg

いきなり話が逸れますが昔、《極上の血》との無限ドレインコンボをデッキに入れて見ましたがお互い5マナのカードと重く扱い辛くて諦めて抜いてしまった事がありました。


D76BC696-5C30-421E-8E36-94EB142F647E.jpeg

対してコイツは統率者に指定できるので、《極上の血》との実質1枚コンボが可能な上に3マナと軽く扱いやすい!


と、過去やって見たかったコンボの敷居が下がったという事で再チャレンジしたいなぁと思わせてくれた1枚。


他にも相性の良いカードはあるはずなのでそれ次第によっては組むかも。



・《離れられない二匹、リンとセリ》


F64E3D4F-644F-4C8A-86A5-D336916A5331.png

犬猫ジェネラル。


なんか癒されますね。


能力的には犬なら猫、猫なら犬とあべこべでトークンを生成します。

多相持ちなら問答無用で犬猫トークン出せるのでトークンメインで組むならそういった選択肢があります。

ただその場合《頭蓋骨締め》で引きに行ったりすると思うので絵面を想像すると最悪な気分になるので注意。


145C9219-28B3-40BB-840C-DB3D03095DE3.jpeg

真っ当に犬猫で使いたいなら《白たてがみのライオン》がおススメ。


DE9AC88A-D6AB-4E0E-ADBD-AC98F771ADB4.jpeg

マナの続く限り犬トークンが増やせます。

またここで《大地の知識》と組み合わせると無限に犬トークンを生成できるようになります。


2F7EF14B-CC27-4482-916C-9440B3840C80.jpeg

リンとセリの一番下のテキストで犬参照でプレイヤーにもダメージが飛ばせるので一人はインスタントタイミングで倒せます。

無限トークンなので単純に殴って終わらせても良いですし、《パルンズの剣》で何度も起動といった手でフィニッシュするのも良いと思います。


14787A5A-448C-45ED-B069-7848BF629EC0.jpeg

《パルンズの剣》は無限コンボパーツ以外でもしっかり使えるところが嬉しいですね。


自分が組むなら犬中心にしたいのですが、盤面に並べる事を考えると犬トークン生成できる猫で固めた方が良さそうなんですよね。


白緑含んでいるので、《選定された行進》を始めとしてトークンを倍にする手段が豊富なので。



B85BD829-E134-4CBA-97F7-D6693637703B.jpeg

デッキに沢山わんちゃん入れるか、盤面わんちゃんまみれにしたいか

非常に悩ましいです、このジェネラル。





続いてジャンプスタートからー!


・《Muxus,Goblin Grandee


image.png


ETB時、ライブラリーの上から6枚見てその中の5マナ以下ゴブリンを全て戦場に出す伝説のゴブリン。

更に、攻撃時他のゴブリンの数分パワー/タフネスが上昇する能力を持つ。


正に自分が好きな踏み倒しと殴り要素を持つ奴!


ゴブリンには多彩な能力持ちがいるので中々楽しめそうですね。


勝ち筋としてはゴブリンらしく、《ゴブリン徴募兵》から今話題の《人目引く詮索者》+《鏡割りのキキジキ》セットの出番。



0AAEA19D-F592-481B-A694-4F7F1D87132C.jpeg4D0C8718-472E-4002-966E-3F4834232C1E.jpegE3A91373-7E4D-4A10-94D7-701AF7AF33C1.jpeg

徴募兵での積み方の1例としては、徴募兵で6枚目までの間に《スカークの探鉱者》、《ゴブリンの戦長》、《人目引く詮索者》と他3枚好きに仕込んで7枚目にキキジキ、8枚目に《モグの狂信者》。

そうしたら《Muxus,Goblin Grandee》キャスト。



AC11D81C-F3BF-4D54-9D95-C36F22B76C61.jpeg23AE64AD-7FF2-4A70-B466-696B7C069801.pngEE70AA5B-7447-4586-82CD-3BDC23C40A2D.png

キキジキの能力を得た《人目引く詮索者》で自身をコピーして無限トークン。

《スカークの探鉱者》能力でトークンサクって5マナ生み出し《人目引く詮索者》でキキジキをトップからキャスト。

すると無限体の《人目引く詮索者》が《モグの狂信者》能力を得るので無限ダメージに。


実質1枚コンボです。


色々使ってますが、大事なのは《ゴブリン徴募兵》、《人目引く詮索者》、《鏡割りのキキジキ》でそれ以外は代替が効いたり状況によって不要になるのでパズルのようなコンボが楽しめますね。

《ゴブリンの戦長》は他に速攻付与できるものがあれば不要ですし、《モグの狂信者》は無限マナ状態が可能なら《包囲攻撃の司令官》にしてトップ6枚の中に積めば良いですし、《スカークの探鉱者》は1マナ余裕あれば《闇住まいの神託者》にしてキキジキをどかせたり、そも5マナ有れば要りません。


AB7BA818-DF35-4070-B021-76ADFA9281BF.jpegAEF822E9-47D5-430F-8060-A4C5EDFAA06F.png

ほんとにゴブリンは多彩なんで色々遊べますわ。

ただキキジキを引いちゃうと成立しないので、キキジキをデッキに戻す手段は考えておきたい所。

無難なトコだとお馴染み《巻物棚》とかですかね。


うん、書き出したら最初に思ってた以上に作って見たくなりました。





・《Tinybones,Trinket Thief

E8C89773-1A55-403C-B515-0837A1A206BC.jpeg

対戦相手がカードを捨てていたターンの終了時にカードを1枚引ける能力を持ちます。更に6マナで手札0のプレイヤーのライフを10削る決め技まで持ちます。

edhでハンデス主体って中々見ないのでかなり新感覚なデッキになりそうですね。

ただ、ひたすらハンデスするデッキになりそうなので物凄くヘイト貰いそうなジェネラルでもあります。



・《Neyith of the Dire Hunt

7790DA7E-69A7-433E-A0D2-6CEDD7CD1699.png

固有色は赤緑のジェネラル。

自分のクリーチャーが格闘するか、ブロックされるとドローできるアド能力に加え、戦闘開始時にマナを払うと自分クリーチャー1体にブロック強制&パワーを倍にする能力を与えます。


自身も指定出来る自己完結型のジェネラル。タフネスは上がらないので、基本は横に出したクリーチャーに付与して行く流れですね。


パワー倍の部分だけでも中々惹かれる1枚。

また、ブロック強制能力を活かした面白いデッキが組めそう。

《絡み森のアスプ》とかが1ドロー付きの除去になりますね。

激昂持ちとも相性よく、《銀まといのフェロキドン》を対象にすると中々エグそうです。


1A4E1ACF-5F1A-4EA6-8450-8C9C14301E4D.png


………………………………………



以上、気になるジェネラルでした。

現状組むかどうかは分かりませんが、新しくネタを思いついたらデッキにするかもしれません。


というかそろそろキングギドラかガイガン位はデッキにしないと。


今回はこの辺で。

それでは

〆!

この記事へのコメント